カテゴリ:未分類( 510 )
f0220087_14235702.jpg

本日2018年11月11日より「ときの杜」としてスタートしました!
ホームページも全面リニューアルしていますので、是非ご覧ください♪
そして本日11月11日は晴天にも恵まれ「ケアホーム穂の香」の12周年”周年祭”が行われました。
多くのご家族の方に参加していただけ、皆様の記憶に残る素晴らしい時間を一緒に過ごすことができました。
f0220087_15544964.jpg
※ほっかほっか亭、開店準備の図
周年祭の様子は後日改めてご報告させていただきます。

そしてぇ~!ときの杜ではLINEを開始いたしました169.pngパチパチパチ

友だち追加

↑のボタンをタップまたはクリックしてください165.png
このアカウントでは、ときの杜に関する最新情報などをお届けいたします173.png173.png173.png
お気兼ねなくご登録ください~164.png
皆様のご参加お待ちしております177.png177.png177.png

f0220087_15204282.jpg
ときの杜
〒4440128 愛知県額田郡幸田町野場常口22-1
☎ (代表)0564-56-1580
info@i-musouka.net

[事業所案内]
ケアホーム穂の香(介護専用型特定施設/30名)
ケアホームあや音(混合型特定施設/29名)
デイサービス燈いろ
居宅介護支援事業所 嘉フカ
ゆいの介護(福祉用具貸与・販売・住宅改修)

[PR]
f0220087_13142595.jpg
ケアホーム穂の香・あや音、デイサービス燈いろ、居宅介護支援事業所 嘉フカ、ゆいの介護(福祉用具)、の所在地 愛知県額田郡幸田町野場常口22-1番地の総称として「ときの杜」となります。
それに伴い、ホームページが11月11日に一新リニューアル致します。
リニューアル移行工事中の、11月10日の午後から約半日ホームページの観覧ができなくなります。
リニューアル後もホームページアドレスは現状の http//i-musouka.net
に変更はございません。

「ときの杜」の世界観が存分に表現される、新しいホームページの動向に是非ご注目ください。

「ときの杜」
〒444-0128 愛知県額田郡幸田町野場常口22-1番地
tel.0564-56-1580

[PR]
秋と言えば「食欲の秋」、「芸術の秋」、「読書の秋」など等色んな秋がありますが、今回ケアホーム穂の香、ケアホームあや音では2つ!「食欲の秋」と「芸術の秋」を満喫しに西尾市一色町にある佐久島へ行ってまいりました。
※今回は写真多めでご紹介させて頂きますね。
f0220087_19054384.jpg
今回のぶらり旅の発端としては、夕食時テレビを見ているとタコ一匹を丸ごと茹で、食べている映像が映り、入居者様から「一度で良いからあんな風に食べてみたいわ」との言葉からでした。だったら行きましょう!そんな気持ちから実行です。一色町出身の職員がおりますので、佐久島で茹でダコが食べれる事、フェリーや店の手配等々、地元の知人と打ち合わせ準備は万端です。

f0220087_19135280.jpg
10月26日(金)晴天の中、11時30分出港のフェリーに乗船。佐久島の民宿の知人がフェリーの組員に施設の入居者様が来る事、車椅子が何台乗るのかも全て伝えてくれており、乗船もスムーズに完了。
いざ、出港です!

f0220087_19173308.jpg

f0220087_19181067.jpg
一色漁港に別れを告げ、フェリーはあっという間に大海原へ。約20分ほどの船旅です。昔に比べ高速船になってからは佐久島も行き易くなりましたね。

f0220087_19203251.jpg

f0220087_19212368.jpg
佐久島の東港に到着です。皆さんを歓迎してくれているような穏やかな波に揺られ、佐久島へ上陸!上陸するやいなや、今回お世話になる民宿「千鳥」の女将さんが車でお出迎え。

f0220087_19290883.jpg
これは打ち合わせていなかったのと、久しぶりにお会いするのでビックリ。入居者様が疲れないようにと車で数名は民宿まで乗せて下さり、景色を見ながら歩きたい方は、歩いて5分ほどですので、のんびり民宿まで歩いて行きました。

f0220087_19292278.jpg

f0220087_19295431.jpg
今回お世話になる民宿「千鳥」さんが見えてきました。

f0220087_19305117.jpg
昔から変わらない外観。一色育ちの職員からすると「変わらないな~、何か帰ってきた感じだ」と懐かしい気持ちになります。

f0220087_19410020.jpg


f0220087_19391311.jpg
今回何よりビックリしたのは入って直ぐの上り框、そして宴会場の上がる段差にお手製のスロープを2代目のご主人が当日の朝一に作ってくれていた事!そして宴会場には車椅子で上がれるようにゴザが敷いてある事!これには皆ビックリ!でもこういう所が田舎の人情溢れる良い所ですよね。それではお楽しみの食事になります。料理を振る舞ってくれるのは3代目が腕によりをかけて準備してくれました。

f0220087_19382394.jpg

f0220087_19384029.jpg

今回の料理で茹でダコももちろんですが、もう一つ行く前から皆さんが楽しみにされていたのが「渡り蟹」。ただいかんせん、職員が中々上手く剥けないんです。そんな時「千鳥」2代目の登場。
f0220087_19432082.jpg

皆様の前で蟹の剥き方のレクチャーから歌まで披露。1ついらなかったのは、2代目ご主人は一色出身の職員の父親の後輩だそうで、高校時代の厳しい上下関係を話され、この職員は冷や汗ものでした。苦戦する職員をよそに入居者様は、

f0220087_19510408.jpg

f0220087_19512149.jpg
やはり上手い!手際よく剥き、一心不乱にカニ味噌から身まで綺麗に食べておられました。そしてお待ちかねの、あのテレビで見ていた一匹丸ごとの茹でダコの登場!!

f0220087_19392773.jpg

f0220087_19422851.jpg
大皿で2匹も丸ごと出てくるもんだから、皆様から「お~!」「凄い!」と歓声が。切る職員も若干手が腱鞘炎になるほどの大きさです。

f0220087_19560949.jpg
茹で上がったばかりのタコは柔らかく、入居者様も大満足。皆食べるのに一生懸命になり過ぎて黙々と食べ続けておりました。そして最初に火を点けておいた釜飯を開けてみると中には!?

f0220087_19564564.jpg
出汁がよく効いたタコ飯です!!次から次へと豪華な料理に驚き、何より海に囲まれた佐久島。魚介類が全て新鮮!この味の美味しさに今回のツアーに参加された皆さんから感動の声が。

f0220087_20020060.jpg
かなりの量でしたが、入居者様は綺麗に食べておられました。職員の方が残すほどでしたが「千鳥」の女将さんが気を利かせてくれてお土産としてタッパに詰めて持って帰る事も出来ました。
食後は帰りのフェリーまで少し時間があるので、「アートの島、佐久島」を散策する事としました。

f0220087_20053844.jpg
東港の直ぐ近くの堤防に寄ってみると、

f0220087_20061649.jpg
こんな素敵なオブジェが。数年前から芸術作品を島のあちこちに展示し、佐久島は今では「アートの島」とも呼ばれ、若い人達が土日ともなると沢山来られているようです。インスタ映えもするようで、こんな写真も撮れちゃいますよ。

f0220087_20055401.jpg
今回佐久島のぶらり旅では沢山の方にお世話になりました。フェリーの組員の方には車椅子の乗り降り、座席の優先。民宿「千鳥」の皆さんにはお手製スロープの準備、座敷に車椅子の対応、豪華な食事。帰りのフェリー待ちの際に赤ちゃんを抱っこしているお母さんが集合写真を撮ってくれたり。田舎、田舎と言いますが、やっぱり都会にはない人情が溢れていると思うんですよ。ざっくばらんな所やぶっきらぼうな物の言い方とかどうしても漁師町なのでありますが、飾らない言葉や態度で接してくれる人達が多い町、一色町佐久島の魅力を今回の旅で改めて感じました。

f0220087_20063349.jpg
是非皆さんも機会がある際は、行ってみては如何でしょうか。そしてその際は今回お世話になった民宿「千鳥」さんへ行ってみて下さいね。せめてもの恩返しに「千鳥」さんの宣伝を。

f0220087_20065116.jpg
[相談窓口]
ケアホーム穂の香・あや音
幸田町大字野場字常口22-1・19
℡ 0564-56-1580・83-9157
担当:都築まで
ケアホーム穂の香・あや音ホームページ

















[PR]
ここ最近めっきり寒くなり、雨も続いているので風邪を引きやすい状況ですね。私が言うのも何ですが体調管理に気を付けながら乗り切っていきましょう。
今回穂の香、あや音、燈いろ合同で避難訓練を行いました。特に今年は台風や地震といった災害がとても多く、この愛知県はそこまでの被害はないものの、いつおきるか分からず皆様も気を付けている事かと思います。今回は火災も含め災害時の避難も想定し消防署の方の協力の下、訓練をさせて頂きました。
f0220087_09535162.jpg
避難訓練前に消防署の方に、後ほど行う消火訓練の準備をして下さいました。普段消火器を使用する機会はないので、避難訓練後皆様は上手く使う事が出来るのでしょうか?

f0220087_09583787.jpg
避難訓練を行う前に、通報装置を実際に押して消防署に火災がおきた事を通報します。この機械も普段は使わない(使わない方が良いですからね)ので、いざ押すとなると職員は「押しますよ?」と確認しながら押していました。ただ使っておかないといざという時に困りますから、良い経験です。

f0220087_10063169.jpg

f0220087_10065101.jpg
通報した後は、皆様外の安全な場所に集合して頂き、点呼後全員の避難が完了した事を防火管理者に報告し無事避難完了です。滞りなく皆様スムーズに避難して頂けました。こういった時に焦ると転んだりし別の事故に繋がりやすいので、先ずは焦らず避難する事を覚えていきたいです。
その後は入居者様、利用者様には建物内に戻って頂き、中庭にて職員による消火訓練です。最初にもお伝えしたように上手くできるのでしょうか?

f0220087_10104470.jpg
消火器の使い方、火の消し方の指導を消防署の方に教わり、いざ実践です!

f0220087_10120416.jpg
上手く出来る方、火の近くに寄ってから消火器を使う方もおり、正しい使い方を学ぶ事が出来たようです。もしそういった事がおきた場合、こちらも焦らず消火器を使用して頂ければと思います。

f0220087_10143293.jpg
消防署の方にはお忙しい所出向いて頂き、通報の仕方、避難訓練の様子、消火訓練の指導を頂き誠にありがとうございました。今回訓練ではありますが、こういった訓練の積み重ねが、いざおきた際に焦らず迅速に対応が出来るようになるので、今後も定期的に訓練を行っていきたいと思います。

[相談窓口]
ケアホーム穂の香・あや音
幸田町大字野場字常口22-1・19
℡ 0564-56-1580・83-9157
担当:都築まで
ケアホーム穂の香・あや音ホームページ











[PR]
f0220087_19580484.jpg
【お知らせになります】
本日予定していました「花火の会」ですが、台風20号の影響により、安全面を配慮し延期させていただきました。
来場を予定されていた皆様には、ご迷惑おかけし誠に申し訳ありません。
これに懲りず延期日の8月31日(金)に是非ともご来場いただけますよう心よりお願い申しあげます。

皆様で今年最後の夏の思い出を作りましょう!
第5回花火の会実行部


[PR]
先日9月21日火曜日に、ここケアホーム穂の香、あや音にて第2回介護講習会の方を開催致しました。

f0220087_10014058.jpg
第1回目は当施設の現役職員が講師となりお話をさせて頂きましたが、今回は外部から特別講師として..

f0220087_09505249.jpg
パナプラス三ヶ根薬局の管理薬剤師の山田先生をお招きし講演を開いて頂きました。中々無料でお話が聞ける機会は少ないんです。ですので、当日は当施設の職員はもちろん、地域の方も沢山参加されました。

f0220087_10005632.jpg
スクリーンに映し出された内容を見ながら、分かりやすく補足や実際の現場の話も交ぜながら話をして下さいました。


f0220087_10054408.jpg

f0220087_10062469.jpg
今回話を聞くだけでなく、講演を聞きに来た方達にも参加してい頂けるよう、薬の使用方法について○、×問題も行われました。問題数として7問!その都度、答えの後に解説、正しい使用方法、危険についても説明して下さいました。年齢関係なく薬は皆さん使用される為、とても勉強になりました。ちなみに私は5問正解・・2問間違える中、同じ職員にて全問正解した方もいました!!

f0220087_10152480.jpg
1時間30分の講演でしたが、あっという間に時間が過ぎ、最後に講師の山田先生にお時間頂き、個別に質問する機会も設ける事が出来ました。今回参加された方々にアンケートを書いて頂き、「とても勉強になった」、「あっという間に時間が過ぎ、講義の時間も丁度良かった」、「テレビで言われている事との違いもあり、正しい服用方法を学ぶ事が出来た」と意見を頂きました。
 今回初めての外部講師をお呼びしての講演となりましたが、10月も講師をお呼びしての講義となります。内容は、「福祉用具ってどんな物まであるの?福祉用具の選び方」を題材にお話し頂きます。

f0220087_10225004.jpg
現在も福祉用具事業所で現場に出て動いてみえる相談員の方からの講演になります。福祉用具については一般の方はもちろん、介護現場で実際に働いている職員ですら全て把握できないほどの種類があり、知っておくと困った際に「こういった物があるから使える!」と、考えの幅が広がるので、是非皆さんご参加頂ければと思います。
今後日程が近付いた際には、10月講演内容、講師履歴も載せたポスターを、こちらのブログでアップしますので宜しくお願いします。

ケアホーム穂の香、あや音、デイサービス燈いろ
額田郡幸田町野場字常口22-1
℡ 0564-56-1580
担当:三浦まで
ケアホーム穂の香・あや音ホームページ








[PR]
毎年この壱夜祭には私の家族全員参加しています。父親の仕事ぶりを子供達に見せれる良い機会ですが、先日小学校5年生になる長男より「パパの仕事は色々な事をして本当に凄いと思う。僕には出来ないけど凄いと思う」と出掛けている車の中で改めて話してくれました。自分のやりたい事を見つけてくれるのが一番の望みと思い、話しながら嬉しかった都山尚三です。

皆さんで合唱した『涙そうそう』を終え、空も暗くなり今年もこの壱夜祭を締めくくる花火の打上げ時間がやってきました。皆さんが花火を見やすいように席を移動して下さっている中、裏では自称花火師の4人が打上げ花火の準備を着々と進めておりました。

f0220087_10474131.jpg

皆さんの期待が高まる中、19時25分いよいよ花火の打ち上げです!!

f0220087_10522220.jpg
綺麗な花火がドンドン上がります♪

f0220087_10525468.jpg
見上げる皆さんの顔もキラキラです。

f0220087_10540161.jpg

この花火の打上げを毎年担当しておりますが、上げている最中は一生懸命です(笑)
ただ、終わりが近づくにつれ無事に今年も壱夜祭を終える事が出来た事に感謝の気持ちがこみ上げてきます。

毎年この壱夜祭を楽しみに来て下さる近隣の方々、
そして何より楽しみにされている入居者様、利用者様、家族様。皆様の笑顔を今年も見る事が出来た事が、ここにいる職員全員の喜びになっております。

f0220087_11233863.jpg


f0220087_11363169.jpg



f0220087_11203810.jpg

f0220087_11573125.jpg

f0220087_11232772.jpg



f0220087_11334424.jpg



f0220087_11235572.jpg

f0220087_12041675.jpg



日々の生活の中で皆様との関わりを大事にし守っていく事で、この壱夜祭でご紹介した多くの笑顔を今後も見て行けるよう、これからも取り組んで行きたいと感じます。

いつも多くのご家族の方に参加頂け、皆様大変喜ばれています。
毎年このお祭りの為に県外からご来設して頂けるご家族の方も多くみえ「来年も楽しみにしてるよ!」「娘も孫も楽しめた!」と多くの皆様の足が向く切っ掛けであり、そのような場所になっている事をとても嬉しく感謝いたします。

最後になりますが
この日の為にご協力頂いたボランティアの方々
あおぞら横丁へ出店頂いている販売者の方々
演目に出演して頂いた方々
本当にありがとうございました。
皆様のお蔭で素晴らしく、思い出に残るお祭りが出来たことを感謝いたします!

そして
日々の関わりを大事にしながら
当日まで頑張って準備してくれた職員のみんな
ありがとうございました!
みんなと一緒に作りあげた壱夜祭、心に沁みました。

それでは、また来年の壱夜祭で皆さんにお会いできるのを楽しみにしております。

[相談窓口]
ケアホーム穂の香・あや音
幸田町大字野場字常口22-1・19
℡ 0564-56-1580・83-9157
担当:都築まで
ケアホーム穂の香・あや音ホームページ




[PR]
頭を坊主にしたら娘に頭を何回か叩かれ、痛いめにあっている自称"帰って来た蔵"です(>_<)
あや音の笑顔桜が秋バージョンになりました(^o^)
f0220087_21184997.jpg
ちいさい秋ならぬおおきい秋ですね。

f0220087_21011899.jpg

f0220087_21010517.jpg
皆様からも「大きな紅葉だね」「綺麗だね」と意見を頂きましたが、「まだ時期がちょっと早いね」と意見もありました。皆様もあや音にご来設時にはご覧になってみてください。

[相談窓口]
ケアホーム穂の香・あや音
幸田町大字野場字常口22-1・19
℡ 0564-56-1580・83-9157
担当:都築まで
ケアホーム穂の香・あや音ホームページ
求人案内

[PR]
今日から帰省ラッシュのニュースがテレビでもラジオでも聞かれますね。遠くまで行かれる方は渋滞等で本当に大変だなと思います。事故等には十分注意して楽しいお休みになればと思います。
今日は穂の香、あや音のお盆の様子を紹介させて頂きます。お盆は結構皆さん忙しいんですよね。施設にいらっしゃる入居者様もお墓参り等に出掛ける方もみえますが、中々ご都合がつかない方もみえます。去年からお盆らしい雰囲気を少しでも出せればと灯篭を飾ったんですが、そうしたら入居者様から嬉しいお言葉を頂きました。
f0220087_195338.jpg

「ここでお盆の雰囲気も味わえたし、今年はお墓参り等行けなくてもここにいるだけで十分」と話してくださる方がみえました。
f0220087_1985855.jpg

f0220087_1991827.jpg

灯篭には『盂蘭盆会』、『魂祭』、『歓喜会』と3つ共お盆に由来する名前が書かれています。
f0220087_19372468.jpg

各事業所の名前も書かれています。
f0220087_19463274.jpg

今年から『ほおずき』を灯篭に飾らせて頂きました。ご先祖様が迷わずに皆様の元に帰ってこれるようにとの意味が込められています。
f0220087_19422766.jpg

夜になると灯篭が光り、幻想的で厳粛な雰囲気になります。
ご面会に来られる方や入居者様がお盆をここで安心して過ごして頂ければと思います。



>[相談窓口]
ケアホーム穂の香・あや音
幸田町大字野場字常口22-1・19
℡ 0564-56-1580・83-9157
担当:都築まで
ケアホーム穂の香・あや音ホームページ
求人案内
[PR]
先週から壱夜祭の様子を紹介させて頂いておりましたが、今回でクライマックスとなります。
3人の職員がそれぞれの目線で壱夜祭の様子を紹介させて頂き、最後のバトンを受け取った「ナビット」改め、都築が締めくくらせて頂きますね。
2回目の盆踊りも終わり、辺りは提灯の灯りで幻想的な雰囲気に。そして毎年皆様との繋がりを感じられる三線合唱「涙そうそう」です。
f0220087_1034517.jpg

全員に歌詞カードが配られ準備万端。入居者様、利用者様、職員は当日まで毎日夕方この歌を唄って練習しておりました。
f0220087_1094534.jpg

この歌のようにそれぞれの方が今は会えない人の事や、会いたい人の事、沢山の想いを持って歌ってみえました。
f0220087_1023318.jpg

この時、この場所でしか感じられない幸せな瞬間です。
壱夜祭会場が暖かな雰囲気に包まれた夜7時頃!長いようで短かった壱夜祭が終わりを迎えようとしていました。
f0220087_10263165.jpg

クライマックスの打ち上げ花火です。沢山の皆様が夜空を見上げ、それぞれの思い出を胸に刻んで頂けた事でしょう。
f0220087_10254679.jpg

f0220087_1026288.jpg

今年も当施設の夏祭り壱夜祭を大盛況のもと、無事に終了する事が出来ました。これもひとえに当日お忙しい中来て下さったボランティアの皆様、関係者の皆様、移動販売の皆様、ご家族様、そして準備から当日も一緒になって動いてくれた職員の皆様のお蔭です。
僕にとって壱夜祭は色んな方々との『繋がり』を感じられる日となりました。一人では出来ない事が多くても、皆様がいる事で大きな力になる。
f0220087_10353536.jpg

「その日その時間その場所で夢のような心に残る一夜」、それぞれの皆様の心にこれから先少しでも残った日となれば幸いです。
f0220087_10392430.jpg



[相談窓口]
ケアホーム穂の香・あや音
幸田町大字野場字常口22-1・19
℡ 0564-56-1580・83-9157
担当:都築まで
ケアホーム穂の香・あや音ホームページ
求人案内
[PR]